台湾国内モール出品

 


ユーザビリティの向上で購買層が拡大。ブランド認知向上と売り上げのボトムアップを目指す事業者向け。

 

販売や集客をモールに依存する点において、越境ECモールとの違いはありません。

その最大の違いは「ユーザビリティ」にあります。

越境ECでは台湾消費者から見て外国通貨(日本円)での決済になるため、一部消費者は不便や不信感を感じているというデータもあります。

進出国のモールへ商品を出品する場合、台湾国内で最もユーザビリティがあり利用度の高い「コンビニ配送」を販売者として活用することができます。注文から商品到着までの日数も信頼感や満足度向上に寄与します。

台湾国内へ在庫するため一定のリスクは存在しますが、ユーザビリティを高め売り上げ拡大を目指す上で避けては通れない道でもあります。

 

■ 集客手法

ECモール、SNS、現地メディア、インフルエンサー 

 

■ 商品在庫

台湾 *現地倉庫の利用が前提となります

 

■ 予算目安

50,000円前後/月

*SKU数に依存します。別途各種ライセンス取得や物流費用が発生します。詳しくは専門の代行業者にお問い合わせください。

 

■ 掲載開始までの目安期間

3ヶ月〜6ヶ月。各種ライセンス取得状況や物流等の進捗具合に依存します。

 

海外進出をしたいけど何から始めてよいかわからない・・・そんなお悩みはぜひShipeeeにお任せください!