現地独自ドメイン

 

独自のマーケティング戦略で自社ブランドのファン作りを加速させることができ、安定的な売り上げ確保が可能です。

 

台湾現地に商品を在庫し、現地決済や配送網を利用する点において台湾現地のEC事業者と同じ土俵で戦うことができます。

モール出品の場合と異なり売上に連動する変動費を削減することができるため、売り上げを最大化できる傾向があります。

 

一方、台湾では日本以上のスピードで少子高齢化が進行しています。

ネットに触れないシニア層やオフライン層へのアプローチも重要となります。

とはいえEC化率の高い台湾におけるマーケティングによって若年層を取り込みつつ、ネットに触れないオフライン層の取り込みによって更なる売り上げ拡大が期待できます。

 

■ 集客手法

独自ECサイト、SNS、現地メディア、インフルエンサー、オフライン販売・マーケティング

 

■ 商品在庫

台湾 (現地倉庫の利用が前提となります)

 

■ 予算目安

200,000円前後/月

*SKU数に依存します。別途各種ライセンス取得や物流費用が発生します。詳しくは専門の代行業者にお問い合わせください。

 

■ 掲載開始までの目安期間

3〜6ヶ月。各種ライセンス取得状況や通関等の進捗具合に依存します

 

海外進出をしたいけど何から始めてよいかわからない・・・そんなお悩みはぜひShipeeeにお任せください!