2021年台湾の各月クレジットカード消費傾向

中時新聞網で昨年の台湾の月別クレジットカード決済額について、記事として取り上げられていたので、弊社でも少し深掘りしてみました。https://www.chinatimes.com/newspapers/20210616000125-260202?chdtv
結論からお伝えすると、2月〜5月、8月は台湾の消費力が落ちこみます。

国内感染が広がる前の2021年第一クオーターは国内消費の回復、国内旅行が好調、さらに保険料の支払いも加わり2月~3月のクレジットカード支出は過去最高を更新しました。
しかしながら1月の旧正月、4月清明節の連休に限ると、例年であれば、航空券購入や海外旅行先での利用が多く、過去最高を記録することができませんでした。
5月半ばコロナウィルス台湾国内感染が広がり、警戒レベルが第3級に引き上げられたため、多くの人が外出を控え、Stayhome を心掛けました。
それによりネットでコロナウィルス対策用品や食品を買ったり、スーパーマーケットで買いだめする人が増え、5月に使用されたクレジットカード額は約2,400億台湾ドル、2020年の同時期と比べて11.6%増加。また、感染拡大する前より、約50億台湾ドル増加しました。


使用されたクレジットカードの大部分はECサイトやスーパー、量販店などと提携している國泰世華銀行、玉山銀行、中國信託銀行、新光銀行、永豐銀行、兆豐銀行、第一銀行、彰化銀行が発行していて還元率の高いものが多く、5月の利用額は4月より1億〜5億台湾元増加しました。
一方では飲食業や観光業に影響があり、短期的な資金不足に陥った人もおり、クレジットカードのキャッシングは5月に20億台湾ドルに達し、単月としては今年最高額、4月よりも3億台湾ドル以上多く利用されました。
ちなみに台湾では日本と違い、クレジットカード会社が発行するのではなく銀行がクレジットカードを発行します。

コロナ禍におけるネットショッピングでの売上変化
食料品 +57%
生活雑貨 +47%
ペット用品 +32%

屋外スポーツ用品 -24%
化粧品 -14%
服飾品 -14%

となりました。

Shipeeeでは食品を専門分野とした台湾進出を通信販売とオフライン販売の双方でご支援しております。
ご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。