数字でわかった台湾でのチョコレート不人気

台湾のチョコレート市場は88億NTD、日本円で約352億円です。
(台湾の食品メディアFoodnextからの引用)
日本の年間の1人あたりのチョコの消費量は2.1kg、対して台湾では0.5kgとなっています。台湾のチョコレート消費量ランキングでは世界全体で60位です。


台湾のチョコレート市場規模は2017年の83.6億NTDから2019年には88億NTDに成長しましたが、チョコレートの総消費量は11,800tのままであることから、単価が上昇したことを示しています。
市場規模は88億ドルに達していますが、実際のチョコレート消費大国と比較して、台湾の消費量はまだまだ少ないため、伸び代がある市場とも言えます。
統計によると、チョコレートの世界最大の消費者は米国であり、2019年実績で1,394,400tのチョコレートが消費されています。
日本のRoyceも台湾に進出しており、高級路線でも売り方次第では可能性がある市場といえます。

Shipeeeでは食品を専門分野とした台湾進出を通信販売とオフライン販売の双方でご支援しております。
ご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
 

 

ブログに戻る