台湾の有機農業

台湾での有機農業の定義

有機農業とは、環境を汚染せず、生態系を損なうことなく、消費者に健康で安全な農産物を提供できる生産方法を指します。有機農業の定義は、各国の法規制によって異なりますが、農業技術の進化に伴い、有機農業の法規制の要件は年々厳しくなっているようです。台湾も日本同様に有機食品・有機農業が浸透しています。今回は台湾の有機農業に着目して記事化してみました。

台湾農業委員会の定義によると、「有機農業は、永続的に持続可能な天然資源活用の原則を遵守し、合成化学物質の使用は禁止し、水と土壌資源の保護と生態バランスのコントロールを条件とし、農業を通じて自然で安全な農産物を生産する目標を達成すること。」とされています。2007年1月、農業委員会は「農產品生產及驗證管理法」の施行を開始し、「有機農業」とそれら製品は、規制対象に含まれることとなりました。

台湾の有機認證標章(オーガニック認証マーク)とは?
台湾の現在のオーガニック認証マークは、CASに「有機」という単語を追加して認証マークとしています。台湾には認証団体が多くあり、各団体ごとに独自の認証マークが存在しています。

台湾各地の有機農家の状況
2020年10月現在、台湾の有機加工、流通事業社の総数は460社でした。本記事グラフに各都市ごとの社数と総農家/農産品梱包/農産品流通業者数に占める有機事業者の割合がかかれています。台北市には53社あり、社数が最も多い都市となっており総事業社数の11.5%を占めています。台中市には50社で10.9%を占め2位。新台北市は48社、10.4%を占め3位となっています。

Shipeeeでは食品を専門分野とした台湾進出を通信販売とオフライン販売の双方でご支援しております。
ご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。