健康弁当事情

台湾教育部、體育署発表した2021年運動調査の結果によると、
運動をしている人の割合は80.2%、定期的な運動習慣がある人の割合は33.9%となり、2013年から8年連続で33.0%以上を維持していることが分かりました。そうった運動習慣がある人が気を付けているのが食事。

台湾で外食をすると炭水化物が多い、油が多い、野菜が少ないなどの好ましくない問題にぶつかります。
体作りやダイエットをする場合、日本では自炊をすることが多いですが、ここは台湾、外食文化の国です。
最近、街中でよく目にするのはPFCバランスを意識しつつ、栄養があり低カロリーのお弁当屋さん。
PFCとは「P=たんぱく質」「F=脂質(脂肪)」「C=炭水化物」のことで、三大栄養素の理想量のこと。

人気栄養士が栄養バランスを考えたり、有名筋肉ユーチューバーがプロデュースした弁当などもあり、健康に気を付けたい人、体重を減らしたい人や筋肉をつけたい人の味方になっています。

また、栄養バランスや低カロリーにこだわるだけでなく、牛肉、豚肉、魚などのたくさんの種類から選択できるのも嬉しい。
筋肉を成長させたい人のため良質なたんぱく質が摂取できるようなセットやもちろんベジタリアンのオプションもあります。


■台湾現地で人気の健康弁当店
・果腹鮮食 Great Food Fresh
お弁当の価格:110元~145元
冷凍弁当を販売。、宅配やコンビニ受取で対応。
低GI、油控えめ、減塩、日本スタイル、四川風、エスニック等の種類が豊富なところが魅力で、健康に気を付けつつも食事を楽しみたい人にお勧め。

・Miss Energy低GI廚房
お弁当の価格:100元~165元
低GI食品を多く使用。過度な味付けをせず、食品そのもの味を楽しめるように作られています。学校近くの店舗が多いことから学生の利用が多いよう。

このようにたくさんの健康弁当が販売されるようになったことは、単に一過性の流行りではなく、食生活の変化と言えるかもしれません。

 

Shipeeeでは食品を専門分野とした台湾進出を通信販売とオフライン販売の双方でご支援しております。
ご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
 

 

 

ブログに戻る