台湾では過大広告禁止!

台北市衛生局の発表によると、2021年食品の違反広告が336件・罰金額4,595万元、化粧品234件・罰金額1,474万元、医薬品49件・罰金額1,274万元と発表しました。
違反メディアの内訳はインターネットが489件(79%)、テレビ89件(14.4%)、ラジオ18件(2.9%)となりました。
SNSでは、Facebookが59件・罰金404万元、Youtubeが4件・罰金70万元、Instagramが6件・罰金43万元と分類されました。

また、台北の隣、新北市衛生局によると、食品及び化粧品の違反広告が1,069件・4,073万元もの罰金を科したと発表しました。

例えば「白内障を効果的に予防、視神経を再生、あらゆる目の病気を一缶で解決する」、「肺がんや気管支炎を予防できるのど飴」、「黒ニンニクで新型コロナウイルスの予防と呼吸器感染症の殺菌」等。

化粧品の違法部分については、発毛・育毛を謳う内容が多く、
「毛根細胞の760%再生と毛細血管の810%再生できるシャンプー」
「ニキビや炎症を抑え、細胞増殖を促進させるフェースマスク」等。

衛生局は今後も広告を監視し、企業やメディアに対して、違反者には厳しい罰則を科すこと、自社製品の広告を出す前に関連法規をよく理解し、違反しないよう呼びかけています。

 

Shipeeeでは食品を専門分野とした台湾進出を通信販売とオフライン販売の双方でご支援しております。
ご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
 

ブログに戻る