台湾にもビヨンドミートの波

以前のブログ(台湾のベジタリアン事情)にも記載しましたが、台湾はアジアでは上位のベジタリアン国です。米国のビヨンドミートも、いよいよ台湾にも参入し始めました。
台湾大手スーパーや食肉大手は挙って参入を表明。中でも台湾の大手鶏肉会社である弘陽食品は、本事業に10億元(39億円)規模の
投資を行うことを発表しました。台湾での脱ミートなどベジタリアン向け市場規模(新蔬菜市場や無肉經濟とこちらでは言うみたいです。)は
年間約600億元(2,340億円)に達すると言われており、爆発的に拡大しています。日本の技術が加わった大豆ミートも参入がささやかれています。

Shipeeeでは食品を専門分野とした台湾進出を通信販売とオフライン販売の双方でご支援しております。
ご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。